経営改善-課題解決戦略の策定「MVV」

会社発展や再建に必要不可欠な経営ビジョン、中長期的計画の策定に悩まれている方は、「MV」のミッション・コアバリュー・ビジョンが明確でないことが多く、問題を解決する道筋を検討し「MVV」の実効性を高めていきます。

目の前の戦略に追われてしまい、何かうまくいかない原因は、企業理念を持ちつつもMVVが明確になっていないことが多いのです。

MVVとは、経営コンサルタントで著述家の故ピーター・ドラッカーが提唱したもので、経営の中核に置くべき概念・フレームワークのことで、MVVが明確な企業は、ヒト・モノ・カネ・情報といった経営リソースを効率的に事業に投入でき、経営の無駄を省くことが可能になります。

MVVが重要である第一の理由は経営効率の向上です。

「MVV」経営改善-課題解決と戦略の策定基本

企業にとって重要な経営課題のひとつは新たな市場価値の創造です。

そのためには組織の存在意義や目指すべき方向性、在るべき姿などを明確化し、経営者の軸となる経営方針を組織で共有しなければなりません。

MVVが明確な企業は、ヒト・モノ・カネ・情報といった経営リソースを効率的に事業に投入でき、経営の無駄を省くことが可能になります。
そこで経営課題として重要となるのが、企業経営の羅針盤となる「MVV」という概念です。

MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の重要性

現代では、情報通信技術の進歩に伴って市場の変化が加速しています。

顧客や消費者のニーズは多様化かつ技術向上のスピードも速く高度化しているため、製品サイクルは短命化が加速していく傾向にあります。

このような時代のなかで競合他社との差別化を図り、競争優位性を確立していかなければならないのです。

そのためには、絶えず変化する市場に対して柔軟に対応していかなくてはなりません。

不確実性の高いVUC時代に生き抜いていかなければならないのです。

新規事業コンサル業務-VUCA時代を生き抜く

MVVを企業経営の羅針盤として据えていきます。

組織を取り巻く環境の変化に対する指針となり、自社の存在意義や在り方を見失うことなく事業活動を推進することができるようになります。

企業理念とビジョンの違い

企業理念とは?
経営理念とは、経営を行う上での創業者や経営者が大切にしている想いや信念、価値観を明文化したものです。
経営を進める上で、「どのような目標を定めているのか、その目標を実現するために、どんな手段を取るのか」などが宣言されています。
自社の従業員だけでなく、社会や取引関係者・顧客などに対して自社の在り方や目的を示すものなので、従業員の判断基準や行動指針になり、その企業の印象を決めるものにもなります。
経営者が交代することで経営理念は変化する可能性がありますが、理念を継承し大切にしている価値観や存在意義・意思決定・行動指針などの基準に反映させたものが「企業理念」です。

ビジョンとは?
その企業が長期的に目指すゴールのことで、企業理念を具体的なゴールに導くために、その企業がいつまでにどのような状態を目指すのかを指し示したものです。
この将来像が明確になることで、従業員も自社が将来的にどのような企業を目指しているのかが理解でき、目指す目標に取り組んでいきやすくなります。

企業理念とビジョンの違い

企業理念:企業が大切にしている考えや信念・価値観
ビジョン:企業の将来像に向かい長期的に目指すゴール

MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の策定

Mission(ミッション)

組織の使命や存在意義を表します。企業とは市場に付加価値を提供し利益を獲得して、組織
としての成長と発展を通して社会に貢献することが使命であり存在意義です。

Vision(ビジョン)

組織としての目指すべき理想の姿を指す概念のことで、使命や存在意義を意味するミッションに基づいてビジョンを定めます。組織が目指すべき方向性や在るべき姿が明確になります。

Value(バリュー)

組織の価値観や価値基準を表し、組織に属する行動や判断の基準となる、組織を構成する重要な要素です。中長期的なビジョン達成に繋がり組織の存在意義であるミッションの実現へと向かいます。

 

MVVの策定方法

バリューはビジョンを達成する土台となり、ビジョンはミッションを実現する礎になるという関係性によって成り立っています。

MVVは事業活動の羅針盤となるため、創業者や経営者、役員、取締役、執行役員など、経営に関わるメンバーでチームを結成します。

従業員や外部意見を取り入れていく企業もあります。

そして、顧客や消費者だけでなく、株主や取引先、従業員などのステークホルダーに向けたインナーブランディングを取り入れます。

顧客ニーズや競合他社の市場占有率と自社の特性などを大局的な観点を検討するために、「Customer(顧客)」「Competitor(競合他社)」「Company(自社)」の3つのCを分析する「3C分析」を行います。

組織全体でMVVを推進し、一貫性をもたせるために、従業員を巻きこんでワークショップを実施します。

 

どんな小さなことでもご相談ください。全国、zoom対応をしております。

事業内容一覧

  1. 日本防災共育協会「ビジネスユニット」

    コンサルティング及び講演活動や講座開催など、サービスの専門性や特徴に応じたビジネスユニットをご用意。

  2. 新規事業コンサル業務-VUCA時代を生き抜く

    先行きが見通せないVUCA時代、企業は明確な経営の指針「未来へのビジョン」を打ち出す必要があります。

  3. 経営改善-課題解決戦略の策定「MVV」

    経営改善に必要な「MCV」を明確にし、現状を客観的に把握することが経営改善に役立ちます。

  4. 2025年の崖…DX化の取り組みの重要性

    2025年には多くの日本企業が抱えている諸問題が顕在化し、国際競争力を失って大きな経済的損失になります。

  5. SDGs地域活動!強靭な街づくり

    包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で、持続可能な都市及び人間居住を実現するために、活動をしています。

  6. SDGsを学び資格取得と活動について

    SDGSを取り入れる生活「SDGsライフアドバイザー」、ビジネスのアドバイス「SDGSビジネスエデュケーター」

  7. サスティナブル経営の推進「KIP指導」

    21世紀の変わりゆく環境・社会の中で、持続可能性を考慮した経営の導入は急務とされています。

  8. 【SDGs教育】団体から企業の出前講座

    講師が持つ知見を活かし、皆さんが持っている様々な興味・疑問などの内容に沿って行います。

  9. 未来構想プロジェクト「防災4.0」と防災DX

    自然災害や気候変動に関する科学的知見を踏まえ、「災害リスクへの備え」の思考力が必要です。

  10. 個人*地域防災・減災活動-事前復興計画

    大災害に対し、完全な防災は困難でも、絶対に命を守るという「防災リテラシー」減災という考えが必要です。

  11. BCP策定<事業継続計画>企業&福祉事業所

    防災対策は、人命・自社の財産を守るため、BCPは、災害後に事業を継続するための対策です。

  12. 「レジリエンス認証」推進戦略コンサル

    『レジリエンス認証』は、自社の事業継続(BC)の積極的な取組みを、顧客や市場、世間一般にアピールします。

  13. 「健康経営優良法人認定制度」推進指導

    健康経営の実施状況や健康管理の最新情報についてフォローアップし、社内の健康維持を推進していきます。

  14. 【防災教育】団体から企業の出前講座

    講師が持つ知見を活かし、皆さんが持っている様々な興味・疑問などの内容に沿って行います。

  15. 生活習慣健康管理教室「ディザスタ栄養学🄬」

    日常生活から災害時まで、自己管理の中で腸内を整え自己免疫力の向上を行えるカリキュラムをつくる講座です。

  16. 精進&薬膳料理教室 旬を健康に取り入れる

    日本の四季に応じた「旬の味や薬効」を日常に取り入れて、健康な体を保つ取り組みを行っています。

  17. 自治体・学校協力&出前講演・講座依頼

    健康と安全・生きがいに溢れた街づくりを目指し、子供から成人・企業・行政向けの講演・出前講座を行います。

  18. 商品企画・開発支援&イベントコンサル

    製品や食品のプロモーション指導・販促支援など、企画・開発・イベント支援を行います。

  19. Disaster School(一社) 日本防災共育協会

    災害時の命を守る準備と行動について、防災リテラシーの向上を目指す「資格取得認証」を行っている法人

  20. Kodomo未来School 「生きる力」

    「生きる力」とは、社会が変化しようとも、自分で課題を見つけて考え、主体的に判断行動する21世紀型教育です

PAGE TOP