個人*地域防災・減災活動-事前復興計画

巨大地震は30年以内に70%・40年以内に約90%の可能性とも言われています。

そして、地球温暖化による気候変動によって、全国さまざまの地域で風水害などが多発しています。

危険であるけれども、いつ起こるかわからないということから、防災・減災の準備がなかなか進まないというのが現実です。

個人の自助・地域の共助 減災の重要性

防災と減災は、どちらも災害への備えを意味がありますが、少し違った意味合いがあります。

防災とは
災害を未然に防いだり、災害による被害を防ぐための備えで、災害予防及び災害応急対策をまとめた概念です。
防災には災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もあります。

減災とは
災害の被害を最小限に抑えるための備えを意味します。

防災が、被害を「防」ぐという字をあて、被害を出さないことを目指す印象を与えるのに対して、減災とはある程度の被害の発生を想定した上で、その被害を低「減」させることを強調しています。

減災で重要なのは、「公助」「自助」「共助」の円滑な連携です。

とくに自分自身や大切な人の命・身を守るため、また地域の人々と助け合うために、日頃から災害に備える事前対策を行っておくことが重要です。

減災のプロとして活躍

大規模な災害が発生してみると、その地域の防災力を上回る被害が起こることがあり、そのたびに「想定外」というワードが飛び交います。
自然を相手に被害を完全に防ぐことは不可能ですし、発生が想定される全ての被害を食い止めようとすると、いくらコストをかけても間に合わないことが明白になりました。

命を守るために、重要なことは発生前の平常時に如何に被害を減らすために対策を講じる「減災」です。

如何なる対策をとったとしても被害は生ずるという認識をもって、災害時において被害の程度が大きいと想定される課題に対して、限られた予算や資源を集中的にかけることで、結果的に被害の最小化を図ろうという発想が生まれていて、これが自助・共助の減災の発想であり理念です。

人命が失われるという最悪の事態だけは何としても避けよう!…という強い意志が必要なのです。

災害における地域の弱点を発見し、対策を講ずるとしても行政単独で対策をとるだけでは、減災は前に進めません。
災害時に最も被害を受けるのは、地域に住む市民自身です。

近年は行政と市民が協働で地域の「防災力を向上させよう!…という「防災まちづくり事業」が多くの市町村において取り組まれるようになってきています。

減災できる「防災まちづくり」における一つの戦略として、当協会はプロとして活動しています。
 

どんな小さなことでもご相談ください。全国、zoom対応をしております。

事業内容一覧

  1. 日本防災共育協会「ビジネスユニット」

    コンサルティング及び講演活動や講座開催など、サービスの専門性や特徴に応じたビジネスユニットをご用意。

  2. 新規事業コンサル業務-VUCA時代を生き抜く

    先行きが見通せないVUCA時代、企業は明確な経営の指針「未来へのビジョン」を打ち出す必要があります。

  3. 経営改善-課題解決戦略の策定「MVV」

    経営改善に必要な「MCV」を明確にし、現状を客観的に把握することが経営改善に役立ちます。

  4. 2025年の崖…DX化の取り組みの重要性

    2025年には多くの日本企業が抱えている諸問題が顕在化し、国際競争力を失って大きな経済的損失になります。

  5. SDGs地域活動!強靭な街づくり

    包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で、持続可能な都市及び人間居住を実現するために、活動をしています。

  6. SDGsを学び資格取得と活動について

    SDGSを取り入れる生活「SDGsライフアドバイザー」、ビジネスのアドバイス「SDGSビジネスエデュケーター」

  7. サスティナブル経営の推進「KIP指導」

    21世紀の変わりゆく環境・社会の中で、持続可能性を考慮した経営の導入は急務とされています。

  8. 【SDGs教育】団体から企業の出前講座

    講師が持つ知見を活かし、皆さんが持っている様々な興味・疑問などの内容に沿って行います。

  9. 未来構想プロジェクト「防災4.0」と防災DX

    自然災害や気候変動に関する科学的知見を踏まえ、「災害リスクへの備え」の思考力が必要です。

  10. 個人*地域防災・減災活動-事前復興計画

    大災害に対し、完全な防災は困難でも、絶対に命を守るという「防災リテラシー」減災という考えが必要です。

  11. BCP策定<事業継続計画>企業&福祉事業所

    防災対策は、人命・自社の財産を守るため、BCPは、災害後に事業を継続するための対策です。

  12. 「レジリエンス認証」推進戦略コンサル

    『レジリエンス認証』は、自社の事業継続(BC)の積極的な取組みを、顧客や市場、世間一般にアピールします。

  13. 「健康経営優良法人認定制度」推進指導

    健康経営の実施状況や健康管理の最新情報についてフォローアップし、社内の健康維持を推進していきます。

  14. 【防災教育】団体から企業の出前講座

    講師が持つ知見を活かし、皆さんが持っている様々な興味・疑問などの内容に沿って行います。

  15. 生活習慣健康管理教室「ディザスタ栄養学🄬」

    日常生活から災害時まで、自己管理の中で腸内を整え自己免疫力の向上を行えるカリキュラムをつくる講座です。

  16. 精進&薬膳料理教室 旬を健康に取り入れる

    日本の四季に応じた「旬の味や薬効」を日常に取り入れて、健康な体を保つ取り組みを行っています。

  17. 自治体・学校協力&出前講演・講座依頼

    健康と安全・生きがいに溢れた街づくりを目指し、子供から成人・企業・行政向けの講演・出前講座を行います。

  18. 商品企画・開発支援&イベントコンサル

    製品や食品のプロモーション指導・販促支援など、企画・開発・イベント支援を行います。

  19. Disaster School(一社) 日本防災共育協会

    災害時の命を守る準備と行動について、防災リテラシーの向上を目指す「資格取得認証」を行っている法人

  20. Kodomo未来School 「生きる力」

    「生きる力」とは、社会が変化しようとも、自分で課題を見つけて考え、主体的に判断行動する21世紀型教育です

PAGE TOP